【青森県版】猫の里親になるには?保健所?譲渡会?保護猫カフェ?

【青森県版】猫の里親になるには?保健所?譲渡会?保護猫カフェ?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

 

 

猫の里親になりたい!

 

青森県在住の方が猫の里親さんになる方法をまとめました!

まずはじめに、猫の里親になるには

1.保健所から引き取る
2.譲渡会に参加して引き取る
3.里親募集サイトから引き取る
4.ボランティアさんから引き取る
5.保護猫カフェから引き取る

このように分かれますが、誰もが里親さんになれるわけではないのです。
例えば住宅環境(借家の場合は猫の飼育が許可されている住居)もありますし、年齢制限もあります。

こういった条件があるのは里親募集中の子たちは捨てられたり、虐待されたり、人間と触れ合ったことのない愛情を知らない子たちが多いので2度と同じ目に遭わないようにするためなのです。

 

青森県の保健所の猫の里親になりたい!

 

青森県で動物を保護している施設は【青森県動物愛護センター】になります。

 

青森県動物愛護センター

 青森市大字宮田字玉水119-1
 10:00~16:00(休館日:月曜日(祝日の場合は翌日))
 017-726-6100
  青森県動物愛護センター HP

 

 青森県動物愛護センターの譲渡条件

 

青森県動物愛護センターで現在新しい飼い主さんを募集している子たち。
みんな家族を必要としています。会いに行ってみてください!

猫の新しい飼い主さん募集ページ

 

気になる子がいましたらセンターに行く前に、譲渡条件を確認しましょう。

家族の反対があった!
犬は飼えるマンションだけど猫はNG!

なんてことのないように・・・

 

注意
センターから動物を引き受けるには事前に講習会に参加する必要があります。
詳細はこちらからご覧ください。

 

譲渡の条件

譲渡にあたり、以下の事項を遵守していただきます。
検討していただいた後にお申込ください。

●県内在住の成人の方。
ただし、以下の方は後見人が必要です。
・60歳以上の方
・単身世帯の方
・その他センター所長が必要と認める場合

後見人について詳しくはこちら

●譲渡前講習会を1年以内に受講している方
●犬については、登録を行うとともに年1回狂犬病予防注射を行うことができる方
●不妊手術など繁殖制限の措置を確実に行うことができる方
●家族全員が動物を飼うことに同意していること
●終生飼い続けることができる方
●動物を飼うことが認められている住居にお住まいの方

センターの実施する譲渡事業に協力し、新たな飼い主探しを非営利の活動として行う団体または個人活動者の方への譲渡も行っております。
団体の所在地は問いませんが、県内在住の成人の責任者が必要です。
また、個人活動者は県内在住の成人の方に限ります。なお、団体、個人活動者ともに登録が必要です。
詳しい条件については、青森県動物愛護センター017-726-6100までお問い合わせください。

引用:譲渡の条件

 


 

青森県の猫のボランティアさんから引き取る

 

 

どんどん増える猫ちゃんたち・・・どこのボランティアさんもたくさんの猫ちゃんを抱えています。
ボランティアさんたちが保護された猫ちゃんたちを救うことでまた次の命が救われます。
命を繋ぐ活動のご協力をお願いします。

※譲渡条件はボランティア団体によって違います。

 

ワンニャンを愛する会

HP: http://wannyan12.minibird.jp/
SNS:
 里親募集情報はこちら

 

 

動物愛護支援の会八戸

HP: http://www.inuneko-hachinohe.com/
SNS:
 里親募集情報はこちら

 

青森県の保護猫カフェ

 

 

保護猫カフェだとお家の中で猫ちゃんがどんな様子で過ごすのだろう~と想像しやすいと思います。
また、猫ちゃんを飼いたいけど、動物が飼えないお家に住んでる方でも猫を飼っているという気分を味わうことができますよ♫

 

ねこぱんち 猫カフェ&保護シェルター

 青森県八戸市大字糠塚字古常泉下18番地4
 9:30~17:00(最終受付16:30)
 0178-51-6130
 定休日:毎週水曜日 / 第1・3日曜日
 
 花のねこぱんち 猫カフェ&保護シェルター HP

 

まとめ

 

日本ではたくさんの猫ちゃんたちが殺処分されています。
そのほとんどが子猫で乳飲み子は即殺処分される保健所もあります。

ペットショップでは簡単に命を買うことはできます。

ですが、このままではかわいそうな命は減りません。

大切なの命を救うために、、、

ペットショップではなく里親になるという選択もあるということを考えてほしいです。

きっと素晴らしい出会いが待っています♬